子宮の違和感|子宮腺筋症の症状

子宮の違和感|子宮腺筋症の症状

2日間を毎月味わう苦しみ生理痛

生理痛ってただ痛いだけでは無いですよね。
この苦しみは楽な人と苦しい人がいるみたいですが、私は生理痛がとても重いです。
生理の始まる日は、生理が始まるのか妊娠なのか毎月分からなくなります。

 

まずは、酷い倦怠感と、吐き気に襲われます。
それが、生理が始まると、立てない位の腰痛と、下腹部痛です。子宮腺筋症
下腹部痛は、お腹が腫れていて、お腹が膨れ上がって爆発してしまうのではないだろうかという様な、間食に襲われますし、腰痛はこれはぎっくり腰なのかという様な、痛みに襲われます。
動く度に、血の気が引いていく様な痛みを抱えながら動きます。

 

あまりの腹痛と腰痛からか、生理1日目と2日目は水便になる程の下痢です。
鎮痛剤の薬を手放すことも出来ずに、毎月飲み、1日目をなんとか乗り切ったら、悪魔の2日目が来ます。
生理の出血も酷くなる2日目は、腹痛も腰痛も悪化します。
鈍痛という痛みどころではありません。

 

本当にお腹が破裂するのではなかろうかという豊満感と下から突き上げる様な痛みに襲われます。
腰も自分で支えながらでなければ動くのが本当に辛いです。
なかなか仕事は休めないので、薬を飲みながら這いつくばって仕事に行っている様な状態です。
出血も酷いからか、頭痛もかなりして、首を動かすだけで眩暈が起きる程です。

 

この2日は、本当に地獄で、週末と重なると動かずにずっと眠っている状態です。
3日目になると、大分楽になってきて、薬を手放すことはできませんが、下痢も収まり、ちょっと体調が悪いかなという位で生活を行う事が出来ます。
生理痛は年々酷くなって来ており、又、体重が軽かった時期よりも、太ってしまってからが生理痛は酷くなってしまいました。

 

下から突き上げてくる様な痛みは座っている事も出来ない様な痛みで、突き上げてくる瞬間は声も出てしまい、椅子からお尻が浮き上がってしまう程です。
この痛みを良くなる方法があれば知りたいですが、女性に生まれた限り、きちんと生理痛と付き合って行きたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る