子宮の違和感|子宮腺筋症の症状

子宮の違和感|子宮腺筋症の症状

嘔吐する程酷かった生理痛

毎月生理が重く、痛みがピークの時には痛み止めも効かず、痛さのあまり日に何度も嘔吐していました。最近はロキソニンが市販されていますが、それ以前は本当に効く薬がありませんでした。生理の周期は正確だったので、予定日と高校の受験日が近い時には婦人科で生理を止める錠剤をもらい、周期をズラすことにしました。

 

母も姉を出産するまでは生理痛が酷かったそうです。姉は少しずつ鈍痛を感じる程度なので、毎月私の様子を見て不思議そうに心配してくれました。

 

進学を機に一人暮らしを始め、慣れない生活と環境のせいで夏バテが酷かったので内科を受診した時に、貧血と子宮筋腫を指摘されました。それ以来、毎月生理痛と共に貧血の症状も出るようになりました。貧血と言っても、フラフラして起き上がれないので、生理痛が酷くて寝ている状態と大差ありませんでした。

 

社会人になって引っ越したので、新しく近所の婦人科で生理痛の相談をしました。生理痛で仕事に支障が出るのが心配だったからです。その病院で、漢方を勧められ飲み始めました。子宮筋腫妊娠
漢方を飲みはじてから4ヶ月くらいで、鎮痛剤の量が減ったこちの気付きました。以前は3時間置きに強めの痛み止めを飲んでいましたが、半日に2錠で過ごせるようになりました。

 

今では、痛みが始まってすぐに痛み止めを飲めば、1日過ごせるようになりました。こんなに快適に生理初日を過ごせるなら、思春期の時に恥ずかしがらずに婦人科に相談に行けば良かったと思います。
そして昨年、更に生理痛が軽減することを期待して、子宮筋腫核の摘出手術を受けました。が、結果はあまり変わらずです。先生曰く、「もともと生理重かったんだね。でも将来妊娠したいなら、筋腫は邪魔だから、今手術しといて良かったですよ」だそうです。

 

これ以上生理痛が軽くなることはないかもしれません。でも、学生の頃に比べれば今は快適なので、特に不安や不満はありません。例えば旅行と予定日がかぶったとしても、痛み止めを忘れなければ問題ないですし、その痛み止めもドラッグストアで手に入るようになりました。

 

漢方は苦くて、毎日飲んでいるのに効き目が出るのには時間がかかります。でも、私は漢方がきっかけで生理痛と上手く付き合えるようになりました。
もし、今生理痛で悩んでいる人がいたら、婦人科で相談することをお勧めします。それは病気のサインかもしれないし、そうでない場合は漢方などの体質改善で軽減することができる可能性があります。軽減できなくても、病院でしか処方してもらえない鎮痛剤もあります。

 

生理痛は人それぞれですが、私のように軽減した例もあることを知って欲しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る